中古車買取店に車を売却するときの必要書類について

車の売却するときに便利なサービスとして、車買取があります。車買取店に車の売却を行うときには、査定を受ける必要がありますが、そのためには身分証明書や自動車車検証の提出が必要です。整備手帳や保証書などの書類も、用意しておくことがおすすめとなります。専門スタッフである査定員に車の査定に関しての説明を受けますので、そのときに売却する車のポイントをアピールすることが大切です。

査定員が提示した買取価格に納得したときには、売却契約が成立します。車の引き渡し行為を行うことで売却の手続きが完了して、買取代金に関しては指定している銀行の口座に振り込む形で支払ってもらうことが可能です。名義変更や抹消の登録などの手続きについて、郵送によって報告を受けることになります。中古車を売却するときには、印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証なども用意しておく必要があります。

印鑑証明書は書類の発行が行われてから3か月間は有効なものとなっていて、納税証明書に関しては当年度の書類を用意しておくことになります。契約者としての本人確認書類は、運転免許証の提示が求められますので忘れずに持参することが大切です。売却を行う人と中古車の名義人が違っている場合や、法人名義である車を買取店に売却するときには、新たに必要書類が追加されることも考えられますので、事前に車買取店のスタッフに質問をして相談しておくことがおすすめです。車買取店ではそれぞれの業者ごとに軽自動車の取扱いをしていたり、故障のある車や動いていない車などを中古車として買い取っているところもありますので、自分の車を買い取ってもらえるか事前に確認しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です