寒冷地での中古車選びのポイント

新車では好きなオプションを組んで自分で好みの設定ができますが、中古車ではそうもいきませんね。特に寒い地域では、凍結や積雪で苦労することも多いでしょう。そのような環境で、中古車を選ぶときにあると便利なポイントをいくつか紹介したいと思います。まずは、ワイパーデアイサーです。

これはフロントガラスの下側に設置される電熱線で、フロントガラスにワイパーが凍結で固着したのを解凍するために使用します。凍結したままワイパーを動かすとモーターに過負荷が掛かったり、またゴムが早く傷んでしまったりと良い事がありません。ワイパーデアイサーで快適な視界を確保しましょう。続いてヒータ付きドアミラーです。

ドアミラーは意外と凍結する場合が多いので、ヒータ付きであればすぐに解凍できます。このヒーター付きミラーでは、雨が降ったときの水滴も乾燥させることができ、快適な視界を保つことができます。寒冷地とは言わず、凍結の無い暖かい地域でも有効な機能です。次に下回りの塗装です。

路面凍結が多いところでは、頻繁に融雪剤が撒かれます。この融雪剤が、車の下回りの錆びの原因となります。錆が出てからでは遅いので下回りが塗装してある車を選ぶのが良いでしょう。最後にバッテリーです。

気温が低いとバッテリーの性能が低下します。特に始動時にエンジンが掛かりにくいなど症状が顕著に出てきます。寒冷地仕様であれば容量の大きなバッテリーが搭載されているのですが、ノーマル車はそうではありません。中古車販売店では納車整備で新品に交換するところもあるので、できるだけ大きい容量のものに替えて貰うことをおすすめします。

寒冷地で中古車を選ぶポイントを紹介してきました。中古車は数多く販売されていますが、100%満足する車にはなかなか出会えないと思います。これから寒い方へ引越しされる方、快適な車で生活をエンジョイしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です