廃車の買取の時に気をつけたい還付金

廃車でも買取をして貰える事はご存知でしょうか。もうスクラップにするしかない状態の自動車というのはあります。もう年代物でありなおかつ、マニアにとっても魅力的と感じられない自動車もあるでしょう。もう乗り続けていてもいつ故障して動かなくなるのか分からないぐらい、走行距離が進んでいるような自動車もあります。

そのような自動車はもう価値が無いと判断されて、廃車にするしかないのですが買取業者はそれを買い取ってくれるのです。どうしてかというと、例えば部品等はまだ使える所があります。それをメンテナンスして再び販売するからです。さらに海外の販売ルートを持っている業者が買い取ってくれます。

日本車は壊れないとして有名であり、日本ではもう乗れないと判断されるような自動車でも現役で乗られているからです。つまり需要があります。買取業者は買い取ってから海外の業者へ輸出して販売をして利益を得ているのです。だから売買が成立するという訳です。

ただし買取業者も全部誠実に対応をしてくれる所ばかりではありません。例えば引取の時に自賠責保険の返金、あるいは自動車重量税の還付制度について、わざと黙っているような業者がありますので気を付ける必要があるでしょう。廃車にするのでしたら、還付金等も発生するのです。もし業者がそのことを全く話さないのでしたら、注意が必要かもしれません。

ただしこの説明については義務付けられていないのです。だからこそ自分でも注意が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です